Loading...

TECHNOLOGY
カルテックの技術

カルテックの光触媒技術

可視光に反応する光触媒フィルタに最適設計された可視光LEDを採用し、これまでの光触媒にはない当社独自の付加価値をご提供します。


  • 紫外線を使わないので、生き物や樹脂類に影響が少ない

    • 可視光に反応する光触媒材料と、これに組み合わせて最大の効果を発揮する青色発光LEDを採用
    • 従来の光触媒フィルタで課題となっていた紫外線による人やペットへの影響やプラスチック・ゴム類の劣化を抑えます。

  • 光源にLEDを使っているので、小型・長寿命・省メンテナンス

    • LED光源の連続点灯寿命は4万時間(従来の紫外線管は5千時間)。
    • 従来の紫外線管に比べて、大幅に小型化、長寿命化を実現。これにより様々な機器への組込みが容易になり、さらにメンテナンスの頻度を抑えることができます。

  • 設計の自由度が高いので、さまざまなニーズにカスタム対応

    • 0.4mm厚のステンレスメッシュフィルタにTiO2をコーティング。薄くて加工が容易なため、お客様のニーズに合わせてサイズや形状を自由に選べます。
    • オプションとして、酸化触媒フィルタを組み合わせたハイブリッドタイプもご用意。より多様なニーズにもお応えします。

従来の光触媒との違い

従来の光触媒当社採用の光触媒
結晶構造 アナターゼ型結晶系
(励起波長 388nm以下)
ルチル型結晶系
+金属助触媒修飾の結晶制御による
ルチル型柱状結晶を採用
(励起波長 413nm以下)
光源 UVランプ、ブラックライト
(従来技術)
可視光LEDを採用(400nm以上)
特徴
(課題)
  • 紫外線でしか反応しない。(人体、筐体ダメージが懸念)
  • 球状の結晶であり、結晶内に酸化、還元の触媒の活性部位が混在するために、逆反応による再結合により失活する確率が高い
  • 励起した正孔(h+)、電子(e-)の再結合抑制効果
  • 450nm光まで光励起を実現


光触媒として用いられる酸化チタンの結晶系
アナターゼ型ルチル型
バンドギャップエネルギー3.2eV3.0eV
<光波長換算>
有効光波長388nm413nm

※電子が自由に動き回るのに必要なエネルギー





開発製品ページを見る